アプリ

個人でリリースしているモバイルアプリ一覧

iOSアプリ

AppStoreでのアプリ一覧

App Store カテゴリーと説明 リンク
DitherProg
( iPhone / iPad )
画像処理
ディザ処理(減色処理)を懐かしむために作られた画像変換アプリ
Subtilizer
( iPhone / iPad )
画像処理
微妙な感じに変換するというコンセプトで作られた画像変換アプリ
Chaotic
( iPhone / iPad )
画像処理
カオスCGを生成するアプリ
LCW-2
( iPhone )
楽器・リズムマシン
6チャンネルのちゃんとしたリズムマシン
LCW-2 mono
( iPhone )
SE(サウンドエフェクト)
ToyToneの正統な後継で、同時発音数4音のシンセサイザー
PWM-2 mini
( iPhone )
楽器・シンセサイザー
ステップシーケンサーも実装した同時発音数8音のシンセサイザー
ToyTone
( iPhone / iPad )
SE(サウンドエフェクト)
効果音を作ることができる、同時発音数3音のシンセサイザー
JAN Reader
( iPhone )
ユーティリティー
JAN/EANを読み取って、それをコピーするためのアプリ
Androidアプリ
google play カテゴリーと説明 リンク
白黒写真 画像処理
画像を白黒に変換するアプリ

ゲーム

phina.jsを使用したブラウザで動くゲーム
phina.jsとは、JavaScript ゲームライブラリです。

タイトル 説明 リポジトリ
Shoot the rect 最初は汎用的な十字キーを作ろうとして、ジョイスティックみたくなって、
結果的にスマートフォンならスライド操作が適切と判断して、
「Touch the Rect」ベースのシューティングができてしまった。
レベル調整はしっかりやったので良い出来だと思う。
GitHub
Touch the Rect 「Dodge Rect」をベースにファイル分割に挑戦して、
途中で飽きてしまったんだけど、それなりに分割できたので満足。
そしてゲーム内容は、降ってくる正方形に当たり続けるだけ、
正方形が横をスルーしてしまうとミス判定でゲームオーバー。
Dodge Rect Dodgeの意味は、ドッジボールのドッジ(避ける)と同じである。
降ってくる正方形を避けるだけ、当たると一発ゲームオーバー。
徐々に落下速度が早くなってくるが、ひたすらそれを避け続けるだけ。
これは、限られた時間でそれなりのものが作れたので比較的満足している。
Walk and Jump! キャラクターのアニメーションありきである。
なんとなく強制スクロールのアクションゲームを作りたかった、気がする。
でも、良くできているので感想を貰えた記憶がある。
Tri Shoot iOS版のTriShootでやれなかったことをやった感じ。
作ったは良いものの「自分、Androidだから遊べないんだよね」とか、
そういうのがモチベーションになって、ちゃんとしたものを作った、つもり。
ホーミングミサイルなんか、良くできたと思う。

スライド

カンファレンスや勉強会のために作成したスライド

Hokkaido.pm以外
Hokkaido.pm
Hokkaido.pm Casual
過去に作成したスライド

このサイトについて